とある転勤族の移住生活

転勤族と結婚してしまいました。ゆとり世代主婦の奮闘記です。

医療事務の資格は本当に持っていると有利なのか

転職の武器になる資格。
よく雑誌の後ろなどに通信教育の広告載ってますよね。
たまに、何か資格取ろうかなーと見ることがあります。

医療事務の資格は一応持っているのですが、宝の持ち腐れ状態です。
活用したいけどなかなか難しいのが現状。( ̄д ̄)
理由は何個かありまして…。

1.求人の競争率

これはかなり高いです。
実際、独身時代にハローワークからの紹介で、何件か面接に行きましたが惨敗。
結局違う職種に就きました。
基本的には即戦力になる経験者を採用するので、資格取り立てで働くのはかなり厳しいです。

2.資格を持ってる人は多数

医療事務の資格を持ってる人はとても多い。
上記の通り、医療事務で働きたいのに働けない人+医療事務の資格を新たに取りたい人で溢れてる。
資格を持ってるからといって、有利かといわれるとそうでもないのです。

3.女の園

医療事務の現場は女の園。女子同士特有の人間関係がすごいそうです。(友人談)
上手く立ち回れる自信が無いと厳しそう。私は自信無い…(笑)


自分の体験と医療事務の仕事についている友人の話を聞いてみて、思った事です。
もちろん運良く未経験で雇ってもらえる所もあるだろうし、良い職場もあると思います。

これから医療事務の資格を取ろうとしている人はその辺りについて覚悟をしておいた方がいいかも。(;・∀・)
雑誌の広告に載っているようなイメージで資格を取ると、少し危険かもしれません。

広告を非表示にする
<広告>