とある転勤族の移住生活

とある転勤族の移住生活

転勤族と結婚してしまいました。ゆとり世代主婦の奮闘記です。

小説版を読んで、二度目の劇場へ~君の名は。

この記事をシェアする

未だに自分の中でブームになっている「君の名は。」ですが、より深く作品を知るために小説版を買って読みました。

映像だけでは伝わらない所が、小説版で新たに発見出来たりしてすごく良かった。
もう一度、映画を観に行きたいと思わせる小説になってます。


君の名は。/新海誠

小説版の特徴

瀧と三葉の心情がとても分かりやすくなりました。
あの時こんなこと思ってたのかというのが読み取りやすい。

相違点を探しながら読むと楽しめます。( ̄▽ ̄)
君の名は。」の正しい楽しみ方は、映画→小説→映画ではなかろうか。

読み終わったらRADが聴きたくなる

特にエンドロールで流れてた曲。
「なんでもないや」の歌詞が心に沁みます。

結局2回目観てきました

小説版を読んでいる分、入り込んでしまって余計泣けました。
アナザーストーリーを収録している方の小説も欲しいけど、現在はほとんどのお店で売り切れのようですね。電子書籍で買うか、待つか…。
気になるけど、私はどこかで見つけられたら購入しようかな。(´-ω-`)


何だかグダグダになってきたので終わります。(笑)
以上、小説版「君の名は。」の感想っぽいものでした。

広告を非表示にする
<広告>