とある転勤族の移住生活

転勤族と結婚してしまいました。ゆとり世代主婦の奮闘記です。

伝わる記事を書くためには?

自分の文章に自信が持てない。
どうやったら上手に文章がかけるのか。

昔から作文とか読書感想文とかすごく苦手です。
スラスラと書ける人って本当に尊敬するわ~(´・ω・)

どうにか文章力を上げたくて、今回はこの本で勉強。


プロ書評家が教える 伝わる文章を書く技術/印南敦史
「ライフハッカー」で有名な書評家さんです(*'▽')

「書く」ことも大事だが「読む」ことも大事

私もよく本を読むので、読書術が載っているのは有り難かったです。
やはりコツ次第で読書時間はやりくり出来るのですね。
読み込むべき本と流し読みで良い本の見極めをしっかりしなければ。

今度から本を買う時は、目次とまえがきをチェックしてから買おう。
大体内容が分かるみたいなので。

記事タイトルに「フック」を仕込むべし

フック=刺さる何か
ブログでいうと記事タイトルですよね。これ毎回悩むんだよなー。

ポイントは、いうまでもなく「読んでみたい」と思わせること
P.62

分かってはいるんだけど、なかなか難しい。
でも「逃さない」タイトル付けを目指して頑張ってみます。

「引用」もバシバシ利用すべし

いままであまり使ってなかったけど、引用も多めに使ってみよう。
より具体的で、短時間での情報収集に効果的みたいなので。
全体の3割程度がいいそうです。

「どこを引用するか」ということ自体が書き手の個性につながるはずです。
P.95

確かに膨大なページから引用する箇所って人によって違いますもんね。
持論を展開しなくても個性が出るなんて、「引用」って素晴らしい。(笑)


この本を読んで、何となく文章を書くコツが分かったような気がする。
しかしブログにその成果が出るのはいつの日やら。

広告を非表示にする
<広告>