とある転勤族の移住生活

とある転勤族の移住生活

転勤族と結婚してしまいました。ゆとり世代主婦の奮闘記です。

新築マイホームの必要性を考える

f:id:happylife-2:20180402150533p:plain:w350
いつかは夢のマイホームを手に入れたい!

世の中には、この願いを持った人達がたくさんいますよね。

我が家は転勤族なのもあって、あまり望みは持ってません。
マイホームに夢がないんですよね(゚∀゚)

子どもがいたらまた違うのかもしれないけど、今のところは買わない派かな。

3戸に1戸が空き家になる

新築の家が建つ一方で、空き家がすごく増えています。
このままでは将来、3戸に1戸は空き家になるらしい。

空き家が増えると、街の治安も悪くなっていくかもしれません。
そうなってもローンが残っている家を置いて簡単に引越しなんて出来ないですよね。

中古物件が溢れるから、安く手に入るかも

これからの時代は中古物件が増えてくるはず。

なのでしばらくは賃貸で暮らして、老後小さくて安い中古物件を購入する。
年を取ると部屋が借りにくいとか言われてますからね。

大きな借金を背負うより、こちらの方がすごく気が楽じゃないですか?
あと、日本は災害がとても多い国。
家を持つのはかなりリスキーです。

なんとなくで買わない

間違っても、「みんな買っているから欲しい」なんて理由で買わないこと。

将来売れる立地に建てているのか、処分はどうするのか。
メンテナンスもきちんと出来るのか。

先の先まで考えて買うべきです。
不動産が「負動産」にならないように気を付けて下さいね。


おわりに

今回こんな記事を書いているのは、マイホームについての本を読んだからです。
かなり勉強になりました。

2冊とも内容は似ているのですが、どちらかといえば「こんな街~」の方が私は読みやすいかな。
老いる家~」は専門用語が多くて難しく感じました。

今後家の購入を考えている方はぜひ一度読んでみて下さい。

<広告>