とある転勤族の移住生活

とある転勤族の移住生活

転勤族と結婚してしまいました。ゆとり世代主婦の奮闘記です。

服を捨てる判断って難しい|心理学を利用してみる

f:id:happylife-2:20180621103240j:plain

タンスの中がギュウギュウになっていたので、整理しました。

ちょうど衣替えの季節ですしね。


服の断捨離してて思うけど、捨てるかどうかの判断ってすごく難しい

まだ新しくて捨てにくい…なんてものもあったりして。


こんな時は心理学の力を借りることにしてます。

一度捨てたとして、また買いたいと思う?

メンタリスト DaiGoさんの「片づけの心理法則」にて。

捨てるかどうか迷うモノ、なかなか捨てられないモノがあったら、いったんそれを捨てたと想像しましょう。その上で、「これを買い直すかどうか?」と自分に質問するのです。/P.91

この問いかけをよく断捨離中に使います。


また買い直したいと思えるモノって、案外少ないんですよね。

増やさないために「1イン2アウト」

服に限らず、モノ全般に使える法則。

何かモノを1つ手に入れたときには、入れ替わりに2つのモノを処分することを徹底しましょう。/P.131

「1イン1アウト」は前から聞いたことあったんですけど、それではまだ甘いようです。


確かにこの法則を守れるようになったら、モノは増えませんね。

クローゼットにも空間が生まれるはず。

おわりに:心理学を使ってモノを減らしましょう

DaiGoさんのおかげで、ギュウギュウだったタンスの中にゆとりができました。

しかし、服はシーズンごとに増えてしまうんですよね。

定期的に見直さないと。


自分の「好き」だけがいっぱい詰まったクローゼットを目指して頑張ります☆


関連記事はこちら

happylife-2.hatenablog.com

<広告>